株・投資をしながらマイルを貯める

スルガ銀行ANA支店に口座を開設する

スルガ銀行は、静岡県沼津市に本店のある地方銀行です。
数多くの企業と提携して、インターネット支店を提供しています。
支店には、ネットバンク支店、ソフトバンク支店、ガリバークラブ支店、ドリームダイレクト支店、ANA支店などがあります。

スルガ銀行ANA支店では、金額に関わらず引き落とし件数に応じて、ANAのマイルを獲得することができます。
給与振込指定  → 50マイル
電話料金 NTT各種携帯電話引き落とし → 10マイル
クレジットカード引き落とし → 5マイル
生命保険などの引き落とし → 5マイル
住宅ローン 最大15,000マイル
外貨定期預金 → 10マイル というような感じでマイルが貯まっていきます。
給料の振込みは、勤務先によって銀行指定があり無理かもしれませんが、家の電話や携帯電話、クレジットカード、保険などは引き落とすことが可能なので毎月30マイルは貯まる計算です。

そして、もう1つお得な事は、キャッシュカードはEdyカードだということです。
これでさらにマイル獲得のチャンスです。

株主優待でマイルを稼ぐ

セゾンカードの発行会社クレディセゾンでは、株主の保有株数に応じてセゾンドリームポイントが付与される株主優待があります。
100株以上 → 500ポイント
500株以上 → 1000ポイント
1000株以上 → 1500ポイント がもらえます。
セゾンカードの永久不滅ポイントと言えば、ポイントの有効期限は無期限であり、JALマイルへのポイント移行が可能です。
1ポイント=2マイルの換算なので、100株保有していれば1000マイル相当のポイントを獲得できる事になります。

ポケットカードの株主優待は、ポケットポイントが付与されます。
2月と8月末が権利確定日で、
100株以上  → 年間 250ポイント
200株以上  → 年間 500ポイント
1000株以上  → 年間 1000ポイント
2000株以上  → 年間 1500ポイント がもらえます。

8月末時点で200株保有していると、250ポイントもらえます。

Eトレード証券を使う

Eトレード証券は、ジャスダック証券取引所上場の証券会社で、株の初心者にも使いやすく、業界一安い手数料が人気の証券会社です。

Eトレード証券 の「Eトレードポイント」は、株を取引するたびに貯まるポイントで、国内株式委託手数料の場合、100円につき1ポイント付きます。
直接、ポイントをJALのマイルに移行することもできます。
900ポイント以上30ポイント単位の振替で、Eトレードポイント3ポイント = 1マイルでの移行となります。
3ポイント = 1マイルでJALに移行する事ができますが、Yahoo!を経由すると2ポイント = 1マイルで移行する事が可能です。

そしてEトレードのポイントシステムは、アンケートサイトである「マクロミル」のポイントを、1ポイント = 1ポイントでEトレードポイントに移行することが出来ます。
ということは、マクロミルのポイントを JALのマイルに移行することが可能となるのです。

マネックス証券を使う

マネックス証券のマネックスポイントは、株取引に応じて貯まるポイントです。

株式売買手数料の場合、手数料500円に対して1ポイント付きます。
400ポイントでANAマイル500マイルに移行可能です。
直接、マネックスのポイントをJALマイレージのマイルに移行することは出来ません。
しかし、セゾン永久不滅ポイント経由することによって、移行が可能となります。

入会金と年会費のかからない「マネックスセゾンカード」を持っている人は、50マネックスポイントを、セゾン永久不滅ポイントの50ポイントに移行することができます。
セゾン永久不滅ポイントは1ポイント = 2マイルでJALのマイルに移せます。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005