ショッピング・生活費の支払いでマイルを貯める

公共料金を支払う

市民税や固定資産税、国民年金、水道代など基本的にクレジットカード払いができない商品も、コンビニの「サークルKサンクス」や「am/pm」で収納代行払いができ、Edyを使用してマイルを貯める事ができます。
これらはもともと、クレジットカードで支払うことはできません。
しかし、Edyを利用したコンビニでの収納代行払いなら、カード払いが使えるという事になるのです。
残念ながらEdyで公共料金を支払ってもマイルがつかないのですが、Edyにお金をチャージする時にカード払いにすると、100円につき1マイル積算されるので是非利用するように心がけましょう。

その他光熱費などの経費は、一部の地域を除いてクレジットカード払いが出来るところが増えているので、マイルを貯める絶好の機会です。

医療費を支払う

2004年4月の国立病院独立法人化をきっかけに、全国の国立病院や診療所でカード払いが出来るようになってきました。
これは知らない人が多いと思うのですが、病院の診察料の支払いもクレジットカード払いができる所が増えてきています。
小さい診療所などは、まだ導入されている所はありませんが、大きい病院の場合はシステムが導入されている可能性があります。
受付に表示がなくても、クレジット決済できるか聞いてみるとあっさり「カード?使えますよ」みたいな事もあるので、できるだけカードを使って支払いましょう。

医療費は毎年けっこうな額を払っていると思います。
できれば払いたくない出費ですが、金額も大きいのでなるべくカードで払うように心がけましょう。

2006年以降、公立や県立病院でクレジットカード決済が導入されるもようです。

金券を購入する

クレジットカードを使えないお店の料金支払いのために、金券や商品券、プリペイドカードをクレジットカードで購入すればマイルがもらえます。

ただし、この方法は近所にクレジットカードで支払いのできる金券ショップがあることが条件です。
しかし金券ショップでは、カード払い出来るお店がほとんどないのが現状です。
もし、近所や出先などにクレジットカード払いが出来る店があるなら、どんどん活用したいものです。

ジェフグルメカードという飲食店で使えるクーポンがあります。
モスバーガー、ケンタッキーフライドチキン、吉野家などクレジットカードの使えないチェーン店で使えるクーポン券・金券です。

ジェフグルメカードはクレジットカードで購入できますが、ジェフグルメカードのサイトでは、クレジットカード払いはできません。
ジェフグルメカードの商品券を購入する場合は、「額割ドットコム」というサイトで格安に買うことができます。
額割ドットコムでは、1枚475円(送料1回300円)でジェフグルメカードがクレジットカードで購入できます。
ただし、@niftyの会員登録をしないと買うことができません。

保険料を支払う

これまで自動車保険や生命保険などの保険料は代理店での契約が一般的でしたが、最近ではインターネットや電話でも契約できるようになりました。
また、どこでも大体同じだった保険料も、保険会社によって値段に差が出るようになってきています。

いくつかの保険会社では、見積もりをしてくれた人にマイルやポイントを還元しています。
見積もりは無料なので、更新日が近い人や、保険の見直しを考えている人は是非チェックすべきです。

保険会社では料金を支払う際に、クレジットカードでの支払いに指定すれば、マイルが貯まります。
しかし残念ながら、カード払いは全ての保険会社、全ての商品に対応していないので、それぞれの保険会社に確認するようにして下さい。

これらの保険料は自分にあった保険会社を選ぶことによって、保険料を節約することとマイルも貯める事ができます。
更新前には保険を見直して、これを機にマイルを貯めましょう。

ティーポイントで貯める

ティーポイントとは、TSUTAYAでCDやDVDをレンタルする時に提示する、TSUTAYAの会員証をTSUTAYAの店やティーポイント提携企業でTカード(TSUTAYAカード)を提示すると貯まるポイントの事です。
100ポイント以上貯まると、全国のTSUTAYAで使えるクーポンやノベルティと交換することができます。
そして、ティーポイントはANAマイルとも交換ができるので、提携先のお店に行く時は、忘れず会計時に提示しましょう。
ティーポイントは各提携先によってポイント率や交換率が異なりますが、ほとんどの提携先が100円につき1ポイント貯まります。
有効期限は会員証の有効期限までか、ポイントを貯めたり、ポイントを使用した日から1年間となっています。

提携先の「じゃらん」の場合、WEB、携帯サイトからのホテルの申し込み予約時に、TSUTAYAの会員番号を入力するとポイントがつくようになっています。
しかし、ツアーや雑誌「じゃらん」からの申し込みの時は、ポイントがつかないので注意をして下さい。

ギフト券からマイルへ

グリーンスタンプとは、グリーンスタンプ加盟店で買い物をすると、金額に応じてポイントのグリーンスタンプポイントがもらえるサービスです。
このポイントが200ポイント貯まると、グリーンスタンプギフト券またはポイント券1枚がもらえ、10枚集めるとJALマイレージの1000マイルと交換することができます。
また、シール状のスタンプが200枚貼られた台紙1冊も、グリーンスタンプギフト券1枚と同じくマイルの交換にも使えます。

ブルーチップとはグリーンスタンプと同じく、ポイントサービスの実施店で金額に応じてポイントがもらえるサービスです。
決まったポイントはブルーチップギフト券と交換でき、8枚でANAマイレージ、1000マイルと交換できます。

マイルを貯めるためには、買い物などでクレジットカードを使用したいけど、使えるのは主に大型店が圧倒的に多いです。
クレジットカードが使えない近所のスーパーの中に、ブルーチップやグリーンスタンプを集める事ができる店があるかもしれませんので、これを機に各店舗に問い合わせてみて下さい。

幹事を引き受ける

個人が年間でクレジットカードで支払う額というのは、ほとんど決まってますから、どう頑張っても簡単に増えるものではありません。
でも、目標のマイル数に達するのは無理かな?そしてポイントプログラムで稼いでも、まだ少し足りないという場合があると思います。
そんな時は忘年会、新年会、接待など幹事役などをすすんでやりましょう。
割り勘分のみんなのお金を集め、クレジットカードで支払いをしてしまえばポイントが貯ります。
他人の分もまとめて個人のクレジットカードで支払うことによって、マイルが貯まるのです。
飲み会や食事会、年末年始や年度末など、飲み会が多くなる時期はマイルを貯めるチャンスです。
積極的に精算幹事を務め、料金は徴収しつつも支払いは自分のクレジットカードで行いましょう。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005