マイルの使い方-使い道を想像して楽しく集めよう

無料の航空券を手に入れる

マイル集めをしている人は、この無料航空券に交換したいがために貯めている人が大半でしょう。
航空会社によって違いますが、15000マイルから無料の航空券に交換が可能です。

無料の航空券と交換する場合、飛行機に乗る日の約11ヶ月~1年前より申し込めます。
マイルには有効期限がありますが、申し込んだ日が有効期限内であれば、搭乗日が期限を過ぎていても利用することができます。

そして無料航空券の座席は、航空会社ごとに数が決められています。
そのため、一般予約で空席があっても無料航空券用の座席は確保できない場合もあります。
確実に予約を取りたいなら、搭乗を希望する便の予約開始時間に申し込むことが必要です。
しかし元々、利用制限期間が決められている航空会社では、無料の航空券を使うことは出来ません。

そのほか無料の航空券は、航空券自体にお金がいらないだけなので、無料といっても空港の使用料などは払わなくてはいけません。

クーポン券に交換する

有効期限が切れそうになり、目標の無料の航空券に交換できない場合、日本航空や全日空のFFPでは、貯まったマイルをクーポン券に交換することができます。

20000マイルで30000円相当(5000円クーポンx6)のクーポン券に引き換えられます。
このクーポン券で航空券を購入することができます。
差額がある場合、現金またはカードで支払うことも可能です。

その他、国内、海外のパッケージツアーだけでなく、機内販売品、機内免税品、ホテルでの利用などにも、支払うことのできるおトクなクーポン券です。
ただし、各航空会社によって利用の条件があるので注意が必要です。

電子マネーと交換する

貯まったマイルは、10000マイルで電子マネー特典に交換することができます。
電子マネーと交換することによって、提携企業のポイントに交換する事ができるので大変便利です。
日頃の生活でいろいろと使用が可能なので、無料の航空券に交換できなくても、役に立つでしょう。

JALの場合は、JR東日本のビューサンクスポイント600ポイント以上で、JMBのマイルに交換できます。
10000マイルで、Suica部分に10000円相当がチャージ交換できます。
Suicaマークのあるお店でピッとタッチしてお買い物に利用できます。

ANAの場合、電子マネーはサークルKサンクスやマツモトキヨシ、ケーズデンキなどで使えます。
そのほか10000マイルで、TSUTAYAのティーポイントに交換できたり、みずほ銀行、PiTaPaのポイントにも交換が可能です。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005